パンパンを上手に保存するには?

僕たちパン職人は、お客様がどのようにパンを食べてくださっているか
とても気になります。 ですから、ここで皆さんにパンの賢い保存方法をお教えしたいと思います。

その日に食べないパンはすぐに保存する

  • ステップ1
  • 注意
  • クロワッサンやロール類は冷蔵に向きませんのでご注意ください

パンは時間がたつと劣化してしまう生ものです。買って来たその日のうちに食べるのが一番おいしいです。
夕方に買ったパンを翌朝に食べる場合でも、いったん冷凍することをお勧めします。

1回に食べきる大きさに切りましょう

  • ステップ2
  • 一口サイズ
  • あまり大きくカットしないでくださいね。

パンを切り分ける事で、解凍したときに食べやすくなります

切り分けたパンをラップで包みましょう

  • ステップ3
  • イメージ
  • ジップロックなどに入れるといいと思います。

パンを切り分ける事で、解凍したときに食べやすくなります

"3"を冷凍庫で保存します

  • ステップ4
  • 注意
  • 冷蔵は、カビを防ぐことはできますが、劣化させてしまうのでおすすめできません

パンを切り分ける事で、解凍したときに食べやすくなります

 

冷凍したパンをおいしくたべるには?一度冷凍したパンを美味しく食べるには?

さて、うまく冷凍保存できても、どうしたらまたおいしく食べれるのでしょうか?
美味しさを再現するのとっておきの解凍方法をお教えします。

冷凍したときのラップをはがします

  • ステップ1
  • 注意
  • けしてレンジでチンなんてことは、してはいけません。

前日に買ってきたパンでしたら、そのまま自然解凍して、お召し上がりください。その際、かわいた布にくるむのは、パンに水滴がつくのを防ぐためです。

凍ったパンの全体を乾いた布で包みます

  • ステップ2
  • 注意
  • もちろん布をかぶせても、レンジでチンはいけません。解凍するまで待っててください。

暫く冷凍庫で鎮座していたパンをおいしくいただくために。ちょっと劣化したかな?なんてパンは、(ハード系の場合)パン自体に霧吹きで水をかけるか、水を少し指先でつけるような感じでかけてみてください。その後に余熱を少ししたトースターで焼いて食べて 見てください。

そのまま自然解凍します

  • ステップ3
  • 注意
  • *少し冷たくても、もぐもぐ

劣化していなければ、そのままおいしく食べられます。

このページのTOPへ
Copyright(C)2012 Boulanger Lunettes All rights reserved.